現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 決定版 きものビジネスにがっつり使える「きものカラー講座」開講! | main | 122号月刊アレコレ下版だー! 必見!「きもの色彩講座実践編特集」 >>

大竹恵理子の「プロのための着付け強化コース1」3回目

きものを仕事にしたい人を応援する、月刊アレコレの自学自習塾。
昨日、19日は自学自習塾の一貫「大竹恵理子のプロのための着付け強化コース1」の3回目でした。

大阪・兵庫からも毎月通ってくる受講者もいます。

「着付けにはジャンルの違いがある」——月刊アレコレが発信するまでは、
あまり認識されていなかったと思います。
女性・男性、小紋、訪問着・振袖・留袖など、アイテムの違いではありません。
一般の人に仕立て上がったきものを着せる場合、
雑誌やCFなど、撮影で求められる着付け(写真や影像としての完成度を求められる)、
舞台で役者の役柄に合わせて着付ける着付け。
そして、きものの着方を教える着付け講師。

「着付け」という仕事でも、現場で求められる知識や技術は、実はまったく違うものなのです。
例えば、撮影の現場で本仕立てのきちんと縫いあがったきものを着せることはあまり多くないのです。
撮影用の特殊な仕立てのきものです。それを見たことがない着付け師・着付け講師さんのほうが多いと思います。


長年撮影の現場で着付け師さんをみていてこの違いを実感していたのですが、
どうも、その認識が薄いこと、そして自分の着付けのスキルアップをしている人が少ないことも。
しかし、考えて見るとそもそも、ある意味企業秘密になる技術を公開することはないですよね。
つまり撮影の現場での着付けは違うこと、そしてそれを学ぶ場がない。
そこから始まったのがこのプロのための着付け講座です。
撮影の現場で第一線で活躍している大竹恵理子さんの協力を得て開講しました。


強化コース2.jpg






単発の「プロのための着付け講座」(1日)を開催。
基本はそこに参加してくださった受講者を対象として、「強化コース」の受講者を募集します。
「強化コース」は6人の少数制です。
今年3月に単発の講座の受講者を募集したところ、あまりに希望者が多くて急遽もう1日講座を増やしました。
その中の受講者ですぐ6名の枠が埋まりました。

単発の「プロのための着付け講座」(1日)は年明けに開講予定です。
募集開始は10月の予定です。
その後の強化コースは来年5〜6月に開講予定です。
希望の方はチェック怠りなく。
また、月刊アレコレ購読者には毎月の発送のときにお知らせしています。

強化コース1.jpg






強化コースは少数でしかできないコースですが、
11:00〜19:00までめいっぱい、お腹いっぱいの内容。
しかも宿題も出るという鬼のような虎の穴です(笑)。


今日はモデル仕立てなど、特殊な仕立ての着付けを4種類。
初めて見るという方がほとんどの仕立ても。必死です。

でも皆さん、いい顔してます。


きものを素敵に着たい人、きものを仕事にしたい人を応援する
月刊アレコレの自学自習塾。
現在、きものビジネスにも生かせる「きものカラー講座」受講生も募集中です。
「きものカラー講座」は東京・京都で開講します。

 

2015.08.20 Thursday 22:33comments(0)↑ページの先頭へ

コメント

コメントする








  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS